読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんまいんど

ここはカラベルアイルというインドア人間が趣味について書いていく予定のブログです。文章や画像の無断転載はご遠慮ください。

今年の年度代表馬ってどうなるの? モーリス? キタサン? サトダイ?

競馬

有馬記念も終わり、年度代表馬が気になる時期になった。

特に今年は難しい。

G1の勝ち数だけならモーリスが3勝でトップだけど、天皇賞(秋)以外の2勝は国外(香港のチャンピオンズマイルと香港カップ)で、それをどう評価するのか。

キタサンブラックは天皇賞(春)とジャパンカップを勝ち、宝塚記念3着、有馬記念2着。こちらが年度代表馬になってもおかしくない、堂々たる成績である。

サトノダイヤモンドは菊花賞と有馬記念を勝って、有馬ではキタサンを負かしている。ほかに皐月賞3着、日本ダービー2着。この馬も負けてはいない。

 

どうなるんだこれ?

モーリスが安田記念も勝ってれば文句なしでモーリスだったと思うし、キタサンが有馬記念を勝ってればキタサンだったかなと思うし、サトダイが皐月賞かダービーを取れてればサトダイだったかもしれない。

 

もし自分が記者として投票資格を持っていたら……。

まず落とすのはサトダイかな。理由は、菊花賞が世代限定戦だから古馬G1を2勝のキタサンに比べるとやや見劣るかなと思う。

 

次にモーリスとキタサンの比較だけど、これは本当に難しい。甲乙つけがたい。

格式を重んじるなら春の盾を取ったキタサンかな? と思わなくもないけど、モーリスの取った秋の盾だって春に比べて落ちるかと言ったらそんなことはないわけで……。

 

残りはモーリスの香港2勝とキタサンのジャパンカップのどちらが上かということになると思うけど、もしモーリスの勝ったのが香港マイルだったら自分はキタサンの方を上にとっていた。

しかしモーリスの勝ったのは香港カップなわけで、これはジャパンカップにもほぼ匹敵する勝ち鞍だと思うんだよね。

となると、チャンピオンズマイルを勝ってる分、モーリスの方が上ということになるのかな、と自分は思う(あくまで自分はね)。

 

とはいえ、海外のG1を年度代表馬の評価に含めない、という人も当然いるはず。

その場合はキタサンとサトダイの争いになる。

直接対決でサトダイが勝ってるけど、前述の理由(菊花賞が世代限定戦)で自分ならキタサンを推すかな。

 

 というわけで、自分が年度代表馬にふさわしいと思う順は、モーリス>キタサンブラック>サトノダイヤモンドの順。

 

良くも悪くもエルコンドルパサーが先例になると思うんだよね。

99年、日本で走ってないのに凱旋門賞2着やサンクルー大賞優勝などの活躍で年度代表馬になってしまったという。

モーリスは国内の秋天を勝ってるので、エルコンが年度代表馬になれてモーリスがなれないのはおかしいかな、と思う。

 

まあでも、キタサンやサトダイも例年なら問題なく年度代表馬になる実績だし、この3頭の中ならどれが年度代表馬になっても驚けないとも思う。