読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんまいんど

ここはカラベルアイルというインドア人間が趣味について書いていく予定のブログです。文章や画像の無断転載はご遠慮ください。

「バーナード嬢曰く。」のアニメ版を最終回まで見たら良作だった

アニメ

まずこの作品と自分の関わりを簡単に書いておくと、原作はアニメ始まる前に1巻だけ読んだ。

1回ざっと目を通しただけで、それほど精読したわけではないけどね。

で時間が経ち、アニメが始まった時には原作読んだ記憶もおぼろげになってたんだけど、それでも1話を見た時はなんか違和感があった。

雰囲気も違う気がするし、妙に早口だし。

ただ、原作の読者の方がコミックス(何巻だったかは失念)を読んで「さわ子と神林の百合がいい」みたいなツイートをしておられたので、そこまでは見てみようかと思って、見続けたわけ。

 

結果的にはそれが正解だった。

終盤(特に9話「バス停」以降)のさわ子と神林の関係が素晴らしくて、11話「往復書簡」ではボロ泣きしてしまった。12話の最終回も良かった。

で、今の自分は円盤買いたいという気分がかなり高まってるw

 

ただ発売が来月(2017年1月)なんだね。

来月は他の買い物の予定もあるので、出費がちょっとかさむ部分もあるんだけど、でも買ってもいいかなーと思ってる。

原作のファンの方がどう思ったかはわからないけど、もし原作未読でアニメ序盤で切ったという方がいたら、ぜひ最後まで見て欲しいと思う。

後半勝負型の作品だと思うので。

ショートアニメで、それほど時間もかからないしね。

2期もあるといいなあ……。