読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんまいんど

ここはカラベルアイルというインドア人間が趣味について書いていく予定のブログです。文章や画像の無断転載はご遠慮ください。

積ん読・積み漫画・積みゲー・積みアニメ……これらは心のキャパシティオーバーが原因だよな

積み娯楽消化作戦

前から考えていることなんだけど、積ん読・積み漫画・積みゲー・積みアニメ(長いので、以下「積み」と表記する)って何とかならんもんかね。

前に買った「積み」をまだ積んだままにしてるのに新しい物を買って、結局それもまた「積み」になってしまう状態がしばらく前から続いてる。

中には年単位で積んでる本とか漫画とかゲームソフトとかもある。

それどころか、過去にはあまりに積ん読・積み漫画が増えすぎて、読んでない本とか漫画を何十冊も処分したこともある(苦い過去)。

お金の無駄だし、置き場所の無駄でもあるので良くないなとは思ってるんだけどね。

 

何が原因なんだろう? と考えた時に、やっぱり自分の中でキャパシティ(容量)オーバーが起きてるんだと思う。心の空き容量が「積み」で一杯になって、溢れてる。

本気で「積み」をなくそうと思ったらどうすればいいか。

心のキャパシティを確保するしかないと思う。

そのためには、まず新しい作品を買うのをやめるのが大事。

そして、もう明らかに興味をなくした作品についてはもったいないけど処分するとか、たとえば本だったら「100ページ読んで駄目なら読むのをやめる」みたいな感じで、全部まともに消化しようと思わず、つまみ食いするぐらいの感覚でやっていくしかないような気もする。

 

まあ、これは自分に言い聞かせてるんであって、人がそうすべきとは思わないけどね。

とにかく、今ある「積み」がなくなるまで新しい作品を買うのはなるべくやめる、本当に欲しい物だけにするという覚悟が必要だと思う。

新しい作品買わないと話題についていけなくなるし、実践するのは難しいけど……。

結局新しい作品を買ってしまうのって、話題についていけなくなるのが怖いからなんだよね。言葉は悪いかもしれんが、人の気を引きたい、あの人に振り向いてもらいたいという部分があることは否めない。

それを諦めないとね。

じゃないと、繰り返しになるけど本当にお金がもったいない。

時間はかかるかもしれないけど、今年1年かけてでも「積み」をなくす(決意)。