読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんまいんど

ここはカラベルアイルというインドア人間が趣味について書いていく予定のブログです。文章や画像の無断転載はご遠慮ください。

今年もまた金杯から競馬が始まる。最大の注目はマイルに戻ったエアスピネル

競馬

中山金杯は混戦で何が来るのかよくわからないメンバーだけど、京都金杯の方は実績馬が揃ってG3とは思えないほど。

昨年のクラシック戦線を賑わせたエアスピネル、G1で何度も惜しい競馬をしているフィエロ、ニュージーランドトロフィー勝ち馬ダンツプリウス、中京記念を制したガリバルディ、チャレンジカップの勝ち馬マイネルハニー、早くから素質を期待され、条件戦を連勝してきたアストラエンブレムなどなど。

 

中でも注目はエアスピネルだろう。デイリー杯2歳Sでは先日阪神カップを勝ったシュウジを軽くひねり、朝日杯フューチュリティSではリオンディーズと僅差の2着。

いずれも2歳時の世代限定戦とはいえ、マイルではG1級のパフォーマンスを見せていると言える。

その後も、皐月賞、日本ダービー、菊花賞とハイレベルと言われる昨年のクラシックロードを走り抜き、掲示板を外していない(むしろ長い距離が合わないと言われながら着順は良くなっている)。

競馬に絶対はないので「勝つ」とまでは言えないが、マイルに戻ったこの京都金杯でどんなレースを見せるのか楽しみ。

 

強敵はやはりフィエロか。この馬、意外だがG3を使うのは今回が初めてのようだ。これまで重賞のレースはG2とG1だけ走っていた。このメンバーなら実績上位で格上的存在。最大の目標は安田記念だろうが、力を出せれば当然勝負になるはず。ただ、昨秋のスワンSから継戦しており、前走からの間隔も短い。調子の面でピークを過ぎている可能性もなくはないか。